2013年10月20日(日)14時30分頃、さくらは虹の橋に向かって旅立ちました。
我が家に来て5年5ヶ月長いようで短い、一生懸命私達と生き抜いてくれました。
XX-5EF4C734-698326-960-100.jpg

6年目のお祝いをして、夏を越して、クリスマスも一緒にお祝いしようって言っていた矢先だったのにね。
photo044.jpg

最後の夜、ずっと一緒に起きていたね。苦しかったのに母ちゃんに付き合って一生懸命生きてくれました。
さくらは私にとって娘、家族なんていうレベルではなく、もはや私の一部だったからとってもとっても
悲しいよ。
神様に、そして大好きだった既に他界している祖母にずっとずっと連れて行かないでって
お祈りしていたよ。でもね、もう許してってさくらが言ったような気がして。。。
だから神様に「どうか連れて行ってあげてください。楽しくって綺麗でたくさんウマウマ食べられる所に
連れて行ってあげてください」って言っちゃたよ。そうしたら、本当に行っちゃったね。
ギリギリまで母ちゃんのこと心配で行けなかったんだね。ダメな母ちゃんだったね。
10月22日 お葬式
天使のようなお顔だね。

ありがとう、さくら。
たくさんの愛情と笑いと幸せをくれてありがとう。
私にも母性があって、無償の愛を貫けるということを教えてくれてありがとう。
さくらを通じてたくさんのお友達が出来た事、お友達や家族の優しさを感じて感謝できるように
なった事、ワンコの病気や保護について勉強出来た事、etc.etc.
さくらは父ちゃんと母ちゃんにいっぱい置き土産を置いて行ってくれました。
今はきっとたくさんのウマウマを母ちゃんに叱られる事なくムシャムシャ食べて自由に走り回っているんだろうね。

いつかまた会う日まで。父ちゃんと母ちゃんを見守っていてくださいね。
愛してるよ。さくら。
10月10日 まだ食べれるよ

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。